有職京人形司「平安寿峰」

今から百年余り遡る天保の頃、御所の宮仕人として仕えた大久保家が平安寿峰の祖となります。
昭和三十年、大久保家は京都島原の地で京人形作りを始めました。
親から子へ、子から孫へと三代に渡る人形司の系譜がここから始まります。

そして昭和四十七年、次男である大久保 暁は独立し、それまでの人形にはない独自の感性と素材、技をもって、雛人形の制作活動を始めました。
それは「日本人の感性の豊かさを物語る人形」、そして「平安時代より続く宮中文化を表現する人形」を活動の原点としています。
制作活動の地、嵯峨野より拝領し、屋号を「沙雅の人形」と称し、号を「平安 寿峰」としました。「寿峰」の名は嵯峨野の奥に構える愛宕山の景色をとらえてつけられています。

初代 寿峰が雛人形作りをはじめて四十年余り。原点のもの作りを今も続け、皇室や伊勢神宮、出雲大社をはじめ多くの皆様のもとへ平安寿峰の名にいつわりなくお届けし、これからもより善き人形を、そして日本文化をお届けしていくのが使命と日々研鑽続けて参ります。

 

おすすめ商品・サービスなど

  • 刺繍 胡蝶蘭
    花の見た目がまるで「蝶々」が待っているように見えたところから「胡蝶蘭」と付いたそうです。
    そのことから「幸せが飛んでくる」「共にする喜び」という大変縁起の良い花言葉を持っています。
    この花言葉には贈る方が贈られる方への「幸せ」と「成長」を願う気持ちが込められています。
    また、胡蝶蘭は寒さに弱いのです。温かい笑顔溢れるご家庭に、笑顔の似合う方にお飾りいただきたいです。


  • 唐草文様
    小さくても存在感のある人形を目指してお作りしました。
    素材はもとよりやはりその美しい「色」が一番大切です。透明な雪や氷はいきれいな水と空気によって「白」から「水色」に変わります。その最も美しいとされる「アイスブルー」を表現しました。

概 要

 
社名 有限会社沙雅の人形
住所 〒616-8186 京都市右京区太秦堀池町16-19
営業日時 営業時間:09:00〜17:00 定休日:日曜・祝祭日
URL https://heian-jyuho.com/
SNS

関連記事

  1. 京都・西陣織の「渡文」

  2. マースプラネット株式会社

  3. 京都刺繍ライフ

  4. 京都徳力版画館

  5. シノワズリーモダン京都

  6. 仏壇・神具 やすらぎ

  7. 山本仁商店