相楽木綿から織り上げた温かみのあるマスク

相楽木綿伝承館

相楽木綿は明治から昭和の初めまで相楽村(現在の木津川市相楽)を中心として南山城地方で生産されていた木綿織物です。
藍染糸と、色糸、絣糸を組み合わせた華やかな織物で藍染は昔から防虫抗菌効果があるといわれています。

概要

名前相楽木綿伝承館
URLhttps://keihanna-park.net/guide/saganaka-momen/

関連記事

  1. 日本の魚に合った、アルティメットダイブ社 カーボン製チョッキ銛2ピースセット

  2. 版画ならではの温かみのある絵柄に中身が選べる楽しい一品

  3. 「幸せ」と「成長」を願う気持ちが込めらた「刺繍 胡蝶蘭」

  4. 3つの使い方ができる3way帆布しずくバッグ

  5. ⾊彩と迫⼒を再現することにこだわったトートバッグ

  6. 吸水性抜群で、すぐに乾く万能ガーゼチーフ